仙郷からのお便り

「2014年04月」の記事一覧

尾瀬のしおり・・・1.尾瀬に入る前のお約束

尾瀬の美しい自然は、多くの人のさまざまな努力によって保たれているものです。美しい自然に出会うために尾瀬を訪れるのなら、この自然をまもるためのマナーをしっかりと把握しておきましょう。

 

1. 湿原には踏み込まない

美しい自然に出会うために尾瀬を訪れるのなら、この自然をまもるためのマナーをしっかりと把握しておきましょう。
繊細な湿原を守るために、木道から外れて湿原に入らないようにしましょう。
休憩ベンチや木道沿いで休むときや、写真を撮る際にも湿原の中に足を置いたり、立ち入ってはいけません。

 

2. 木道は右側通行
木道は、基本的に右側通行です。譲り合って歩きましょう。
また通行中の歩きタバコもやめましょう。

 

3. ゴミは持ち帰る

尾瀬はゴミ持ち帰り運動発祥の地です。ゴミは全て自宅まで持ち帰りましょう。

4. 動植物は持ち込まない・持ち帰らない

尾瀬は国立公園特別保護地区および国の特別天然記念物に指定されており、
昆虫・草花の採取はもちろん、落ち葉や枯れ枝等を持ち帰ることも禁止されています。
また、尾瀬の生態系をまもるため、外来の動植物を持ち込まないよう気をつけましょう。入山口の「種子落としマット」などで靴の泥を落としたり、
衣服をはたいてから入山するなど、細かい心遣いが必要です。
ペットの持ち込みもやめましょう。

 

5. 山小屋は予約制。

混雑回避と自然への負荷軽減のため、尾瀬山小屋組合では平成4年から完全予約制を導入しています。
また入浴はできますが、石けん・シャンプーの使用は自粛となっています。
 

(出典:東京電力「尾瀬からの招待状」>尾瀬のしおり

このページのトップへ

新着情報用メニュー

カレンダー

2014年4月
« 2月   5月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

新着情報内検索